License

ソフトウェア ライセンス

【適用ソフトウェア】 ITBC2、IPCaptrure、Kurogo、Editor

●公開しているソフトについては、下記の項目について、お守りください。許諾頂けない場合には、ソフトを破棄してください。

※2010/12/16 公開方針を変更しました。
※2015/01/05 追加方針を記入しました。

ソースを添付しているものを除き、内部コード解読はお断りしております。(このコード解析の範囲はオブジェクトに限定しており、通信は対象外です)

●転載について

  • 公開ページへのリンク・・・基本的に許諾不要です。
  • 講習会等の配布・・・・・・基本的に許諾不要です。
  • ファイル自体の転載・・・・事前に許諾をとってください。
  • 他ソフトとの同梱・・・・・事前に許諾をとってください。
  • 雑誌への収録・・・・・・・PC雑誌および福祉雑誌あれば事後連絡で良いです。なお、見本紙送付をお願いします。

基本的に、ソフトウェアを使うにあたり、有料化はおこないません。企業等、ソフトウェアライセンスのサスティナビリティが問題であれば 個別にご相談ください。

●自社製品・サービスへの応用
(たとえば、基幹システムとして使うなど)の場合、ライセンス契約をすることもできます。

ライセンスが必要な場合は、こちらの提供ソフトウェア(他者ライブラリを除く)に対して無料、もしくは有料にて利用権およびサポートインシデントを付与します。

なお、こちらで開発費もしくは投入工数が一定以上が掛かるなど製作者側の負担が大きい場合、ライセンスを結んでいない場合には作業優先度が下がったり、実装をお断りする場合があります。

 (ライセンス契約を行っていても 内容によってはお断りするケースはありますが、ライセンス契約を結ばない時よりもお引き受けするケースが増えることは間違いありません)

●収益を得る事業で 本ソフトを用いる場合は、サービスのHPなどに
「ITBCを用いて実施していること」を、記載してください。なお、ライセンスを結んでいる場合は、この項目は免除されます。

●学術機関での研究において、本システムを用いて研究を行った場合には、研究雑誌、研究論文、ウェブサイトなどの成果物へ

  1.  本サイトへのリンク
  2.  ソフトウェアの名称
  3.  本ソフトを用いたこと記載する

以上の事を必須とします。 ただし、

  • 論文の記入制約がある場合は「項目(1)の記載無し」を許容。
  • どうしても記入が出来ない場合には、直接連絡をしてください。

●方針変更の趣旨

いろんな活動で利用・取り上げて頂きありがたいと思っています。最近では大学などで研究が進むことも増えてきました。慈善団体の助成金や「科学研究費」などの税金を使って研究していることも少なくありません。私は、これら税金で研究されたものは、社会全体で共有すべきと考えます。

「だれでも研究結果が試せる」「毎日毎日、1歩ずつ進歩できる」事が
みんなでスパイラルアップしていく上で大切な事なのではないでしょうか。

このサイトで公開しているソフトのライセンスは、決して難しいものではありません。基本的に「出典さえ示してもらえれば、自由につかってよい」なのです。

その論文を見た人が、「ここでソフトを手に入れて、自分で試す事ができる」そういう流れを作るためにも、論文への「ソフトに関する記述」をお願いします。

また、企業で収益事業に利用される方が増えています。そのこと自体は問題ありませんが、実装リクエストが増えており、「企業システム開発案件」となりうるケースにおいても製作者側がすべての製作/維持コストを負担している状況です。

この部分は、ライセンスという形でサスティナビリティを確保させていただくことにしました。

●その他制約条項について

サイト上のソフトは「あるがまま」の状態で公開されており、このソフトによって得られる利益・損失のどちらも保障されず、また予め不具合部分を認知していたかどうかに関わらず、作者はこれらを賠償する責任を負いません。

利用者があらかじめニーズに合うのか確認した後、利用する事を了承いただきます。

各ソフト内には、目的を達成するために私以外が開発したコンポーネントを含む場合があります。これらのコンポーネントの扱いについては、各ソフトに準じます。基本的に、プログラム内に「ライセンス条項表示欄」を用意し、閲覧できるようにしておりますので、ご確認ください。

●オープンソース化について

一部ソフトウェアは、全開発終了を告知してから一定期間後、プログラムソースを公開する予定です。

音が【文字】で伝わる世界に―。